イタリア人のキャディさんの話

日常の出来事

2021年の年明けに、千葉でゴルフをした。

ついたキャディさんはイタリア人だった。

といっても、日本人のお母さんと、イアリア人のお父さんのハーフである。

9歳の時に日本にやってきて、それ以来日本に住んでいるので、日本語はペラペラである。

ラテン系で、とても明るい、楽しい人だった。

彼女は、このゴルフ場に3ヶ月前にやってきたばかりなのに、

完璧に近いキャディぶりだった。

残りの距離や、グリーンの傾斜の読みなど、

パーフェクトに近いものだった。

常に自分で作成したメモを見ながら、残り距離や、グリーンの傾斜を読んでいくのだ。

ゆえにたった3ヶ月のキャリアでも、完璧に近い仕事ができるのである。

いままで、数多くのキャディと接してきたが、彼女のようにメモをとって、真剣に

仕事をしている人に出会ったのは初めてである。

ある程度やれば、ある程度のことは覚えてしまうので、

メモなどを見る必要はないと思うのだろう。

でも果たしてそうだろうか?

私はこのコースを300回くらいは回っているが、いまだにわからないことだらけである。

なんとなくは、わかっているが、細かいところなど覚えているはずもない。

彼女から正確な距離や傾斜を教えてもらいながら、

「これがプロの仕事なんだな」と感じたわけである。

彼女に教えられたのは、一見、簡単に見える仕事であっても、突き詰めていくと

まだまだ先があるということである。

どんな職業にしても、彼女のようにやるべきことをきっちりと、やりきっている人というのは

意外に少ないものである。

この日は、1日楽しくプレイすることができた。

また再び、彼女に会えることを楽しみにしている。

ちなみに、18歳の時に生んだ娘が現在25歳とのことなので

43歳だと思う。

 

タイトルとURLをコピーしました