首都圏のゴルフ場は激混みである

日常の出来事

コロナウイルス問題で、世の中がロックダウンに向かっている中、

首都圏のゴルフ場は激混みである。

他にやることがないからなのだろう、どこも、ゴルフ場は満員である。

例年の1月は、どこもガラガラである。

当然である。寒いからだ。

標高の高い場所にあるゴルフ場は、ほぼクローズである。

ところが、今年の1月は全く状況が違っているのだ。

本当に予約が取れないのだ。

仕事は在宅勤務で時間があり、外食も旅行もできないので、ゴルフ以外にやることのない

おっさんであふれているのである。

そもそも、コロナに敏感な人は、ゴルフ場に行ったりはしないわけである。

そうでない人がゴルフ場に集まっているのだ。

考えてみるとわかるが、ゴルフ場というのは他人と接触する機会はほとんどないのだ。

今時、キャディがいるゴルフ場は少数なので、ほとんどは電動カートである。

満員電車に比べれば、ゴルフ場の接触なんて、0に等しいわけである。

そういうわけで、ゴルフ場は混んでいる。

普段は、簡単に予約が取れるはずの1月に、予約が取れなくて困っている人は

けっこういるはずである。

 

 

タイトルとURLをコピーしました