高円寺の焼き鳥屋で

日常の出来事

1月19日、非常事態宣言が出ている中、

18時ごろ、高円寺の焼き鳥やに行った。駅前の有名な店だ。

半分以上席はうまっていて、二人掛けのテーブルがあったので、

そこに座ろうとしたら、「カウンターでお願いします」

といわれ、3つある椅子の右端に座らされた。

まあ、別に問題ないと思っていたら、

すぐに隣の席に、おっさんを座らせらたのだ、

あの二人席は空いているにもかかわらず、腕が触れ合うくらいの

距離である。

それでもまあいいかなと思っていたのであるが、

そのおっさんが、ずっと独り言をいいながら、大きなくしゃみをなんどもするのだ。

この店にはアクリル板もなければ、換気もしておらず、

コロナ以前と何も変わっていないのだ。

ただ単に、営業時間だけが20時までなのである。

この時点では、すでに焼き鳥を10本注文したあとなので、帰るわけにもいか

なかったので、店員にいって、席を替えてもらい

二人掛けのテーブルに移動して、焼き鳥を食って

そそくさと、店を後にした。

金輪際、この店にはいかない。

私はコロナを過剰に気にしているわけではないが、この店はひどすぎる。

営業時間以外、なにひとつ配慮がされていないのだ。

世の中には、過剰なほど配慮をしている店がある一方で、

こういう店も存在するのだ。

ただでさえ、独り言をいいつづける、くしゃみをなんどもするおっさんが

隣に座っている居酒屋なんて誰も行きたくないものである。

まして、このコロナ禍である。

東京都はしっかりと指導してもらいたいと思う。

 

 

タイトルとURLをコピーしました