春が近づいてきたのを感じる

日常の出来事

2月3日というのは、真冬のピークであり、一番寒い時期である。

一方で、あと1ヶ月もすれば3月になるわけで、これは明らかな春である。

衣料品店に行くと、春ものばかりが陳列されていて、冬物はもう少なくなっているわけだ。

春になれば、昨年のように、コロナの感染者も減るわけである。

単純な話だ。暖かくなると、人間の免疫力が上がるから、病気になりにくくなるのだ。

病気になる99%の理由は免疫力の低下である。

免疫が異常に強ければ、病気にならないわけである。

気温と免疫の因果関係は証明されているのだ。

春になると、今度は夏である。

夏になれば、海にいくことができる。

今から楽しみである。

去年はコロナ問題があり、海には1回しかいけなかったが、今年はもっと行きたい。

東京に住んでいると、湘南までたった1時間くらいで、行けるわけである。

夏には海に行き、冬には雪にスキーに行く、そして一年中ゴルフができる。

なんてすてきな国なんだろう。

ロスアンゼルスに住んでいる時に、ほぼ毎日海岸線をローラースケートで滑っていた。

日本では滑ることのできる場所がほぼ存在しないので、

ローラーブーツは捨ててしまった。

ところが最近、東京でもローラースケートがロスアンゼルス並みに滑ることのできる場所を

見つけたのだ。

荒川の河川敷である。たまに滑っている人がいるのだ。

多摩川の河川敷はローラースケートが禁止である。

もっとも人が多いし、道が悪いので、滑ろうなんて気にならない。

ところが荒川は問題ないのだ。

今度、やろうかと思う。

その前に、ローラーブーツを買わないといけない。

ローラースケートで重要なのはベアリングなのだ。

ベアリングの性能が、ローラースケートの性能なのである。

いいベアリングだと、すごいスピードが出るのだ。

考えてみると、ローラースケートで転んだことは一度もない。

転んだら、大怪我をするので、いつも慎重に無謀なことをしないからである。

決してうまいわけではない。

それは自分がよくしっている。

ローラーブーツは2万円以上するものを買う気にはなれない。

でもそんな値段では買えないのかもしれない。

米国で買った時は、150ドルくらいだった。

東京に住むといことは、けっこう楽しいことなのだ。

 

タイトルとURLをコピーしました