失望した「麒麟がくる」の最終回

日常の出来事

NHKの大河ドラマ麒麟がくるの最終回をみた。

このドラマはあまり興味がないのであるが、86歳になる母が大ファンで、

よくこの話題に触れるので最終回だけはじっくりみてみたのだ。

一言で言って、大変失望した。

新しい光秀の解釈とか聞いていたので、本当に期待していたのであるが、

なんか適当なテロップで様々な説を説明して、サラッと終わってしまったのだ。

「はあ?」という感じである。

こっちが気になっていたのは、家康とグルだったのかとか、

秀吉もグルだったのでは、というような内容である。

そういう細部には一切に触れずに、

本能寺の変を起こした光秀側の動機が、

天皇による陰謀説及び信長への怨恨説という

旧来からのものと何ら変わりがないものであり、一切新しさがないのである。

光秀がその後生き続けて、家康の側近になったのであれば、

家康が本能寺の変に加担していたわけで、それはそれで面白いわけである。

「NHKさん、ちょっと勘弁してよ」というのが私の感想である。

普通に考えれば、実は秀吉が光秀と組んでいて、そのパートナーだった

秀吉が裏切ったので光秀は殺されたと考えるわけである。

その説を真っ向から否定してもいるわけで、それはそれで深みがないと思ったわけである。

まあ、NHKとしてこの程度が限界なのだろう。

まったくもって、みる価値がないドラマだったと思う。

熱狂していた母には悪いが、そういう感想である。

 

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました