幸福そうな夫婦について

笑える笑えない話

新婚を除いて、幸福そうな夫婦の数は本当に少ない。

結婚後、10年以上経過していて、本当に羨むくらい幸福そうな夫婦は本当に少ないものである。

北斗晶と、佐々木健介は仲が比較的よさそうだとは思うが、

なんというかビジネスで仲良くしている感が漂っており、

たまにテレビで怒鳴り散らす北斗の態度を見ていると、必ずしもシャレになっていないと思う

わけである。

まあ、あの二人は幸福なカップルのほうだとは思うが、

客観的にみて、羨むくらい幸福ではないと思う。

私の知り合いで、結婚して30年くらい経過しているのであるが、本当に仲のいい夫婦がいる。

彼らは、いっしょにゴルフにいったり、二人だけで旅行にいったりもしているのだ。

子供は二人いて、一人は社会人で、もう一人は高校生である。

まあ、そんなカップルはそうはいないわけである。

彼らを見ていて感じるのが、本当にすべてのことが対等で、

どっちかがマウントしていないのである。

たいていの夫婦は、奥さんか、旦那さんのどちらかが、過剰に威張っているものである。

奥さんが強い夫婦は、他人から見ていて、なんか面白がられる場合が多いが、

旦那の側からすれば、たまったものではないわけである。逆もしかりである。

一見夫婦仲がよさそうに見えるが、旦那さんが大金持ちで、

奥さんが遠慮している夫婦も、あまり幸福そうには見えないものである。

「あと何年かすれば、あいつが死んで全財産が私のものになるまでの我慢よ」

感が満載の人もけっこういる。

旦那もそれを知ってか、知らずか、わざと奥さんを怒らせるようなことをしたりして

様子を見ていたりするのだ。

まあ、他人の自由であるが、こういう夫婦も幸福とは言い難いだろう。

だいぶ前に不審死を遂げた紀州のドンファンなどは、典型例である。

長年連れ添って、幸福そうに見える夫婦は、本当に少ないと思う。

はたから見ても幸福で、本人たちも幸福だと思っている人って、

なんとなくであるが1%も存在していないような気がする。

もしそういう人に出会うことがあれば、それは本当に幸福なことだと思う。

芸能人のカップルであえていうなら、漫才師のかつみさゆり夫妻は幸福な感じがする。

でも、彼らには多額の借金があるから、本当に幸福だとは思えないので、

ちょっと違うかもしれない。

別の見方をすれば、年季の入った夫婦は、仲が悪くて普通なのである。

仲が悪くても、いっしょにい続けるのがいいことだとは思わないが、

それが日本という社会においては、むしろ普通なのだと思う。

米国に住んでいた時に、歳をとってもイチャイチャしているカップルのほとんどが、

再婚だと知った時、なんか納得したものである。

米国でさえ、長年連れ添った夫婦は仲がよくないものである。

クリントン夫妻のように。

 

 

タイトルとURLをコピーしました