私の4人兄弟は、全員母親の呼び方が違う

私には86歳になる母親がいる。

私は母を、「おばあちゃん」と呼ぶ。現実には、私の祖母ではなく、

母親なのであるから、間違っているのは承知している。

子供の頃は、「ママ」と呼んでいたのであるが、

50歳を超えた私が、母親を「ママ」と呼ぶのには抵抗があるのだ。

かといって、一度も使用したことがない「お母さん」なんて

呼称は、なんか恥ずかしくて使えないのだ。

よって、半分照れ隠しの意味も含めて、「おばあちゃん」と呼んでいる。

年子の妹は、「おかあさん」と呼んでいる。

ある時、妹に、「おかあさんって、呼ぶの?」と聞いたら、

「やっぱりママというのは抵抗があるから、ある時期からおかあさんに変えたのよ」

といっていた。彼女には、わたしのような「照れ」がなかったようである。

残りの二人の姉は、「ママ」と呼んでいる。

これは、生まれて以来、使い慣れている呼称なので、まあ普通の話である。

日本という国は、なんというか、年をとった女性が「ママ」といっても

問題はないが、年配の男性が同じようにいうと、なんか違和感があるわけである。

イメージしてみよう。

長嶋一茂が、父親のことを「パパ」と呼んでいたら、違和感があるだろう。

近年は、そういう人権みたいなものがかなりしっかりしていたが、

二十年前だったら、おそらく「こどもみたい」とか「ファザコン」とか

言われていたはずだ。

もしかしたら、本人の前では、今でも長嶋一茂は「パパ」と呼んでいるかもしれないが、

テレビなどでそういう発言をしたことはないはずだ。

わたしの兄弟のように、それぞれが異なった呼称を使用するケースは稀だと思う。

普通は、統一されているはずだ。

分析してみると、わたしの兄弟はみんな自由なのだと思う。

みんな好き勝手に生きているから、そうなるのだ。

これはとてもいいことだと思う。

常識などというものは、社会秩序を維持するためにつくられたものであるが、

高度に成熟した社会では、だんだんと必要なくなってくるものである。

そういう意味では、わたしの兄弟はみんなけっこう成熟しているのかもしれない。

まあ、親の教育に、感謝である。

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました