ターガーウッズが事故った場所は、私が昔住んでいた家の近所

事件の深読み

タイガーウッズが重症だという。

はやく回復してもらいたいものである。

米国のニュースを見ていて驚いた。

あの場所は、私が毎日通っていた道なのである。

ロスアンゼルス、ランチョパロスベルデスという街の、ホーソーンブルーバード

と聞いてびっくりしたのだ。

あのあたりは、制限速度が50マイル(80キロ)

なのであるが、下り坂で、普通に走っていると、120キロくらいにすぐいってしまうのだ。

まあ、事故るのも無理はないというような急坂の道なのである。

それよりも私が気になったのが、なぜ彼があの道を通っていたのかということである。

くだりの道を走っていたとすれば、彼はパロスベルデスの街にいたはずである。

車に一人で乗っていたので、

誰かの家にひとりでいっていた以外に考えられないのだ。

パロスベルデスは、半島の先にある場所で、行き止まりであり、

どこかへ行く通り道はないのだ。

またこの道の上には、店がほとんどなく、住宅以外には何もない場所なのである。

彼がそこに住んでいるという話はないようなので、

誰かの家に行っていた帰りである。

ガールフレンドと一緒なら、助手席に彼女がいるはずで、いないということは、

ガールフレンドがパロスベルデスに住んでいて、そこに行った帰りだったのだと思う。

まあ、おそらくそうだろう。

あの場所は住むにはいい場所だった。

私の住んでいたマンションにはエアコンがついていなかった。

本当に必要ないのだ。

海が見える高台なので、夏もかなり涼しくてほぼエアコンは必要ない。

3年間生活している中で、

1日だけとんでもない暑い日があったが、それでも扇風機で対応できたことを覚えている。

45歳の大怪我だと、復帰するのには2〜3年かかるだろう。

もうメジャーで勝つのは難しいかもしれないが、

復活してほしい。

 

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました