オリンピック、渡辺直美問題についての私見

事件の深読み

私は元博報堂の広告マンである。

元電通の佐々木さんを知らない人は、広告業界には存在しない。

それくらい有名な人である。

渡辺直美を侮辱したアイデアを彼が考えたということで、

世間から糾弾されているわけである。

広告、広報のアイデアというのは、とんでもない量の中から、取捨選択されていくわけである。

広告マンなら誰でも知っている、

ブレーンストーミングという手法がある。

この大原則に、絶対に最初は否定をしないというのがあるのだ。

最後に精査する時に、とことんまで、批判はすればいいのであるが、

初期段階では、それだと、みなが萎縮してしまうので、

絶対に批判をしないわけである。

一見、使えないアイデアでも、そこから派生して素晴らしい企画になったりもするのだ。

そんなことはよくあるわけである。

あの渡辺直美の企画が採用されてしまったのであれば、

大いに批判を受けるべきだと思うが、

そうではないのである。

ある程度、精査されたとはいえ、アイデアのレベルである。

それを批判される筋合いなど、かけらもないと思う。

かといって、政府関係の仕事なので、過剰に反応しているわけである。

そうする理由は、彼らが今後も利権を独り占めしたいという思惑があるからだ。

その、あざとさは、批判されるべきである。

批判する次元がまったく異なっていると思う。

一番最初の段階は、人権無視でも、下ネタでも、差別でも、なんでもいいのだ。

そこからおもしろいものを拾いながら、精査して仕上げていくのだ。

アメリカのコメディバラエティで、

サタデーナイトライブというのがある。

あれと同じものがなぜ日本では制作できないのだろうか?

人種差別、人権無視、下ネタのオンパレードだ。

べつに、佐々木さんは悪くないと思う。

そんなの広告屋の常識だ。

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました