小室圭さんはダメだと思う

小室圭さんが手記を書いて発表した。

お母さんの金銭問題に関する内容であるが、みたところ話にならないと思った。

ようするに、金は借りたのではなく、貰ったものなので、返す必要などないという

一方的なものだった。

証拠がないのだから、そういえば、そうなるのかもしれない。

でも、普通に考えよう。

少なくとも、彼とお母さんは、その人から、数百万円のお金をもらったのは事実なわけで、

それに感謝することはあっても、文句をいう筋合いなどかけらもないはずなのだ。

でも、彼の主張は、お金を貸したその男が悪人で、我々が被害者であるという

スタンスである。

それは全然違うだろう。

人の道に反していると思う。

かわいい彼女ができたのは、大学に進学できたおかげで、それにその男性の援助があればこそのこと

である。

なんで、文句などいえるのか?

その人が、怒っているのは、怒っている理由があるわけである。

まともに対応さえしていれば、絶対にもめないような問題である。

基本的に人の道に外れているということを、示唆してくれているのだ。

この出来事は。

彼がそう思って、眞子さまと結婚するなら、すればいいと思う。

別に、それは個人の自由である。

でも、私も含めて、多くの日本人は、そういう人に、国庫の金を数千万円もくれてやりたく

ないと考えているのだ。

それだけの話である。

 

 

タイトルとURLをコピーしました