日本人 金メダルラッシュの理由はコロナ

日常の出来事

日本人の金メダルラッシュが止まらない。

これは偶然ではない。必然だ。

普通に考えれば、わかる。

日本人だけが、日本に住んでいるから、隔離されていないから、十分練習ができる。

外国人は、入国してから二週間も隔離され、時差もあり、しかも酷暑である。

現実には、五輪に参加していない国家や個人も多数存在しているわけである。

日本の選手だけが、「コロナ特需」を受けているのだから、

メダルラッシュは当然である。

日本国民には、「三密」とかいっていながら、試合に勝って抱き合う選手たちをみて、

感動している人っているのだろうか?

「オイオイ、それでいいのか? 誰か注意してやれよ」と思っている人が

大半だろう。

まあ、選手はうれしいだろう。

普段よりも、いい結果が出るのだから。

あと、喜んでいるのは広告代理店である。

「ああ、よかった。放送できて」と思っているわけだ。中止になれば、数百億円が吹っ飛ぶからだ。

菅総理の息子は、東北新社の社員である。日本最大のTVCM制作会社である。

TVCM制作会社は、CMが放送されないと商売にならないのだから、

単純にそういう理由で、東京五輪は開催されたのかもしれない。

そりゃそうだろう。コロナで何人死のうが、自分の身内のほうが大事なのだろう。

気持ちは理解できる。

小池百合子が、五輪に反対しないのは、次の総理が約束されているからであろう。

みんな色々考えているのだ。

やっぱり、一度は総理大臣になりたいのだろう。

気持ちはわかる。

総理大臣になりたいとか、大統領になりたいとかいうモチベーションは間違っている。

政治家になって、何をやりたいかが問題なのに、地位に就きたいと思う人間は、

ろくなものではないと思う。

五輪のメダリストは悪くないように一見思うが、やっぱりはしゃぎすぎだろう。

うれしいのは理解できるが、

みんな酒も飲まずに我慢しているのに、彼らだけが、はしゃいでいるのは何か不快である。

誰も怒らないことが問題だと思う。

ニュースで国民には、「三密を避けよう」とかいっていて、あんなに大々的に

テレビで抱き合っているのに、何にもいわないのは、二枚舌である。

 

 

タイトルとURLをコピーしました