日常の出来事

日常の出来事

菅さんは、総理をやめなくてよかった

数ヶ月前に、コロナ騒動の責任をとって、菅総理は辞任し、後任に岸田さんがなったわけである。 菅さんが辞任した途端に、コロナ患者は激減し、緊急事態宣言が解除されたわけである。 岸田さんが何か手を打ったわけではなく、それまでの菅さんの...
日常の出来事

日本人 金メダルラッシュの理由はコロナ

日本人の金メダルラッシュが止まらない。 これは偶然ではない。必然だ。 普通に考えれば、わかる。 日本人だけが、日本に住んでいるから、隔離されていないから、十分練習ができる。 外国人は、入国してから二週間も隔離され、時...
日常の出来事

感染者が減らないのになぜ、五輪が開催されたのか?

テレビも、新聞もまるで貝になったかのように、一言も発言しない。 そもそも東京五輪を中止にすべきか、開催すべきかということに対してである。 そして、ついに当日まで来てしまったわけである。 完全な言論統制、街頭でデモが行われて...
日常の出来事

ネット回線詐欺にあいそうになった話

自宅に電話がかかってきて、 インターネット回線が安くなる方法があるので、変更しないかという電話があった。 話をよくきいていると、なんか大手の会社の下請けみたいなことをいう。 話の筋としては、わりとしっかりしているような気が...
日常の出来事

キムキョンテ、コロナ感染で思う、外国人の感染リスクについて

先日開催された、日本ゴルフルアー、東建カップで、韓国の キムキョンテが来日し、二週間の自主隔離の後、試合中にコロナに発病し、 同大会の3日目が中止になったわけである。 これは想像であるし、誰も永久に検証できないわけであるが...
日常の出来事

なんのために私は生きているのか

もうすでに55年行きている。 織田信長なら、とっくに死んでいる年齢である。 でも、まだ、私は、なぜ自分が生きているのか、毎日、問いかけている。 自分自身に対して。 もし、私に生きる理由がなくなったら、生きていないはず...
日常の出来事

55歳の今が、人生で一番幸福な気がする

冷静に考えてみると、今が、人生で一番幸福なのではないかと感じている。 毎日忙しく、自分の夢を実現するために、朝から晩まで休みなく働いているわけであるが、 なんかとても楽しいのだ。 必ず毎日なんらかの困難がやってきて、それが...
日常の出来事

コロナではなく、溶連菌感染症にかかってしまった

1ヶ月くらいなんとなく調子がよくなかった。 風邪というほどではないが、ちょっとだるかったりして、なんか体調がすぐれない 日が続いていた。 かといって、そんなにひどいわけでもないので、なんとなく 「体調が悪いなあ」とい...
日常の出来事

自転車に乗っていて、クラクションを鳴らされる

自転車に乗って、車道を走っていると、たまにクラクションを鳴らされることがある。 大抵は、大型車で、ベンツとかBMWとか、レクサスである。 こっちが何か特別悪いことをしているわけではなく、 邪魔なのだと思う。 クラクシ...
日常の出来事

嫌いな人から嫌われると、むしろ嬉しい

世の中には、誰からも嫌われたくない人というものは存在する。 多くの政治家は、そういうタイプかもしれない。 私は真逆である。 私のことを嫌いな人からは、むしろ嫌われたいとさえ思っている。 私は自分だけいいという考えが、...
タイトルとURLをコピーしました